小児歯科

小児歯科 width=

小児歯科では、先生と子どものコミュニケーションを大切にします。歯医者さんに行くと怖い、痛いという思いばかり強くなると治療を敬遠したくなるものです。ですから当院における子供の歯科治療は恐怖心を与えないことからはじまります。
また、乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。そこで小児歯科で何よりも必要なのが早期治療と虫歯予防です。

乳歯の役割

乳歯は、一定期間が経つと永久歯に生え替わります。短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしています。乳歯の役割は「噛むこと」、「発音」、「永久歯の誘導」と大きく三つあります。

乳歯の役割

定期的なフッ素塗布で強い歯を!

お子様の歯は生えたばかりでとても柔らかく、歯磨きもまだ慣れていないため、非常に虫歯になりやすい状態と言えます。そのため当院では、お子様の定期的なフッ素塗布を推奨し、半年に一度のフッ素塗布を無料で行っております。
フッ素とは、毎日の食事を通して私たちの体に摂取されている必須栄養素のひとつで、虫歯の原因であるミュータンス菌の働きを抑える効果や歯表面のエナメル質強化など、歯にとてもいい効能があります。 また乳歯・永久歯に関わらず生えたての歯はフッ素の吸収率が高いため、歯が生え始めた小さなお子様や、生え変わりの時期のフッ素塗布は特にお勧めです。

小児矯正

子供の顔は大人の顔の縮小形ではありません。歯がきちんと並べるように、正しい顔や顎の大きさに育成する必要があります。乳歯と永久歯がある時期(混合歯列期)や乳歯列期後期に始める治療法の目的は顎の骨、筋肉の不調和を改善し、お子様のお口の中の環境を整える事です。そして正しい環境がそろったうえで永久歯に生え変われる様、誘導します。矯正治療は歯の治療と思われがちですが、歯を並べるというよりも、土台である顎をしっかりとつくることが目的です。上下のバランスを整えることで、理想的な永久歯の歯列を目指します。


お子さまの「歯並び無料定期検診」実施中

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
審美歯科・ホワイトニング
歯周病治療
義歯治療
予防歯科
モバイル